カレー粉と小麦粉で作る昭和の黄色いカレー



カレー粉の作り方

 

 

カレー粉というものは、様々なスパイスとハーブとが混ぜ合されて作られているミックススパイスであるといえるでしょう。その材料となるスパイスやハーブを揃えて、ポイントを押さえながら混ぜ合わせていけば、自分だけのオリジナルのカレー粉を作ることも出来るわけです。

 

カレー粉に使われているのは、香り、辛み、色など、様々な個性を持ったスパイスやハーブです。通常は5種類~30数種類のスパイスとハーブが使用されます。その中でも基本的な12種類のスパイスやハーブを覚えておけば、とりあえずオリジナルのカレー粉を作ることが出来ると思います。

 

カレーの香りを付けるスパイスとハーブには、クミン、カルダモン、シナモン、クローブ、ローレル、オールスパイス、コリアンダー、ガーリックなどがあります。

 

カレーに辛味を付けるスパイスにはチリペッパー、ジンジャー、ブラックペッパーがあります。そして、カレーに色を付けるスパイスはターメリックです。

 

カレー粉を作る作業はそれほど難しいものではありません。先ず、スパイスやハーブを自分の好みで選択して用意しておきます。そして、フライパンにそのスパイスを投入して火にかけます。

 

続いて、スパイスを焦がさないように注意しながらフライパンで煎っていきます。これで、オリジナルのカレー粉が出来上がります。